テクノロジーの概要

Komodoは、開かれた構成可能なスマートチェーンプラットフォームです。 すべてのビジネスは独自の独立したアプリケーション固有のスマートチェーンをカスタマイズして起動できます。

Komodoは世界で最も先進的なブロックチェーンプラットフォームです。

構成可能なマルチチェーンアーキテクチャ上に構築されたKomodoのAntaraフレームワークは、ゲーム、コントラクト、アプリをネイティブにサポートできる、完全にカスタマイズ可能なスマートチェーンをすべてのプロジェクトに提供します。

ブロックチェーン時代

長年にわたり、ブロックチェーンは急速に進化してきました。 その進化はブロックチェーンテクノロジーの4つの主要な期間にきちんと要約できます。

カリキュレーター期

ビットコインはブロックチェーンの最初の時代を代表しています。アプリ、ゲーム、ソフトウェアをホストできない単一のモノリシックブロックチェーンが特徴のこのブロックチェーンの時代は、小さなデータを送受信する機能を提供することに焦点を当てていました。つまり、これらのカリキュレーター期のブロックチェーンは、デジタル形式のキャッシュである暗号通貨を革新していました。

メインフレーム期

数年後、新しいタイプのブロックチェーン、スマートコントラクトプラットフォームが登場しました。イーサリアムはブロックチェーンベースのバーチャルマシンを導入した最初のプロジェクトであり、サードパーティのプロジェクトがイーサリアムネットワークにコードを送信できるようにしました。このモデルでは、多くの新しいプロジェクトでブロックチェーンをすばやく採用できるペイパーユースモデルを使用しています。ただし、初期のメインフレームコンピューターと同様に、誰でも使用できる1つの共有ネットワークを持つ単一のブロックチェーンしかありません。これにより混雑と高い費用が発生しますが、同時に自律性も制限されます。

サーバー期

ブロックチェーンテクノロジーの次の時代は、スマートコントラクトプラットフォームの制限(ネットワークの混雑、高い費用、拡張性の欠如、アプリケーション機能の制限)を改善することを決めました。PolkadotやCosmosなどのプロジェクトは、プラットフォーム上の他のチェーンとは独立して動作する、アプリケーション固有のブロックチェーンを提示しました。これらの独立したアプリケーション固有のブロックチェーンは、専用サーバーと考えることができます。

コンポーザビリティ期

サーバー期のプラットフォームは独自のブロックチェーンを提供しますが、サードパーティのプロジェクトが独自のブロックチェーンを所有および制御することはまだ許可されていませんでした。これはデータセンターから専用サーバーを借りるようなものです。

コンポーザビリティ期は、サードパーティプロジェクトが完全な自律性を持ち、独自のブロックチェーンを制御し、非ネイティブ通貨で料金を支払わない構成可能なソリューションにより、このモデルを超えて進展します。
Komodoはマルチチェーンアーキテクチャとオープンエコシステムを備えた構成可能なブロックチェーンソリューションの提供に焦点を当てた、世界で唯一のブロックチェーンプラットフォームです。
View the Whitepaper

構成可能なソリューション

構成可能性は、さまざまなコンポーネントを提供することに重点を置いた設計原則であり、必要に応じてアクティブ化し、特定のユースケースの固有の要求を満たすために異なる構成で使用できます。

流動的なリソースのセット

Komodoを使用して、スマートチェーンはすべてのブロックチェーンベースのアプリ、ゲーム、およびソフトウェアを引き出すリソースプールを提供します。プロジェクトの成長が始まり、アプリがより多くのリソースを必要とする場合は、スマートチェーンを追加してプールのサイズを増やすだけです。これはブロックチェーンベースの製品を推進するための効率的で流動的な方法です。

独立して展開されたソリューション

すべてのスマートチェーンは、他のすべてのブロックチェーンから完全に独立しています。ベンダーのロックインはなく、 Komodoチェーンやコインへの依存もありません。取引手数料は常に各スマートチェーンのネイティブコインで支払われ、すべてのチェーンには独自の分散ネットワークとコンセンサスルールがあるため、トランザクションは他のスマートチェーンから分離して処理されます。

モジュール性と柔軟性

KomodoのAntaraフレームワークは、各スマートチェーンにモジュールのライブラリを提供します。モジュールはC / C ++でコーディングされているのでチューリングが完了しているため、考えられるものはすべてスマートチェーンにコーディングできます。必要なモジュールをアクティブにでき、各モジュールは一連のリモートプロシージャコール(RPC)を提供し、これを使用して、プログラミング言語でブロックチェーンベースのアプリケーションをコーディングできます。

迅速さとすばやい開発

Antaraコンポーザーを使用すると、任意の数のシードノードとマイニングノードを備えた独自の専用スマートチェーンを、アマゾンウェブサービス(AWS)マーケットプレイスで数分でカスタマイズして起動できます。Komodoは市場投入までの時間を短縮するために、マルチコインウォレット、DEX、ブロックエクスプローラーなどのホワイトラベルプロダクトも提供しています。

Komodoプラットフォーム:テクノロジースタックのベースレイヤー

Komodoは、テクノロジースタックのプラットフォームレイヤーです。Cで記述されたKomodo プラットフォームレイヤーは、他のすべてのテクノロジーと機能が構築される基盤です。

オープンプラットフォーム

他のブロックチェーンプラットフォームとは異なり、Komodoプラットフォームにはベンダーロックインはありません。サードパーティのプロジェクトがプラットフォームの税金やガス費用を強制されることはありません。

構成可能なソリューション

Komodoはカスタムアプリをサポートする、カスタマイズ可能な専用のスマートチェーンを提供します。すべてのブロックチェーンベースのアプリは必要なリソースのみを使用し、オンデマンドでスケールアウトできます。

マルチチェーンアーキテクチャ

Komodoのテクノロジーを使用して構築された各プロジェクトは、独自のコンセンサスルール、ネットワーク、コインを備えた独立したブロックチェーンを受け取ります。取引手数料は、各チェーンのネイティブコインで支払われます。

フレキシブルなテクノロジーツール

セキュリティとスケーラビリティの機能から、オープンAPIと一連のホワイトラベル製品との統合レイヤーまで、Komodoは完璧なブロックチェーンソリューションの構築に必要なすべてを提供します。

Komodoプラットフォームの詳細を知る

さらに詳しく知る

Antara:エンドツーエンドブロックチェーン開発のための適応可能なフレームワーク

AntaraはKomodoのテクノロジーを使用して構築するためのブロックチェーンフレームワークです。Antaraフレームワークを使用して、自律型スマートチェーンを起動し、それを使用して高性能なブロックチェーンアプリケーションを強化できます。

Antaraスマートチェーン

KomodoのAntaraフレームワークで起動された、カスタマイズ可能な自律型のモジュール式の専用ブロックチェーン。

Antaraモジュール

強力でチューリングが完全なコンセンサス変更モジュール。 組み込みモジュールのライブラリから選択するか、独自のコードを作成します。

Antara統合レイヤー

スマートチェーンでネイティブに実行されるブロックチェーンベースのアプリ、コントラクト、およびゲームをコーディングできるオープンAPI。

エンドツーエンドのブロックチェーン開発

KomodoのAntaraフレームワークにより、エンドツーエンドのブロックチェーン開発が簡単になります。スマートチェーンをカスタマイズして起動し、モジュールを選択して、ブロックチェーンベースのアプリの構築を開始します。

Antaraフレームワークの詳細を知る

さらに詳しく知る

ビットコインレベルのセキュリティのDelayedプルーフオブワーク(dPoW)

Komodoのdelayedプルーフオブワーク(dPoW)セキュリティメカニズムは、ビットコインネットワークの膨大なハッシュレートをリサイクルして、すべてのdPoWで保護されたチェーンにBTCレベルのセキュリティを提供します。

分散型

64のコミュニティに選出されたノータリーノードの、Komodoのグローバルに分散したネットワークは、dPoWが必要とする技術的な作業を実行します。

継続性

dPoW公証は約10分ごとに行われ、常に追加のセキュリティレイヤーを提供して、ビットコインネットワークの力でブロックチェーンを保護します。

アクセシブル

dPoWセキュリティは、Komodoのテクノロジーで作成されたかどうかにかかわらず、すべてのUTXOベースのブロックチェーンで利用できます。年会費は提供されるセキュリティのレベルと比較してわずかです。

実際のテスト済み

dPoWは現在多数のプロダクションブロックチェーンを保護しており、数億ドルの価値を保護しています。dPoWは、実際の51%の攻撃試行に対する防御に成功しています。

Delayedプルーフオブワーク(dPoW)の詳細を知る

さらに詳しく知る

スケーリングと相互運用性のためのプラットフォーム同期

Komodoのプラットフォーム同期は、Komodoエコシステム内で開始されたすべてのスマートチェーンに無限の拡張性と組み込みの相互運用性機能を提供します。

スマートチェーンクラスタリング

Komodoのプラットフォーム同期と自動書き込みプロトコルを組み合わせることで、複数のスマートチェーンをクラスター化して1つの機能として機能させることができます。 コインの供給は一定のままです。

オンデマンドでスケールアウト

単一のスマートチェーンではプロジェクトが要求するスループットを提供できない場合は、単にスマートチェーンを追加してパフォーマンスを向上させます。すべてのスマートチェーンプロジェクトは、必要に応じて直線的にスケールアウトできます。

クロスチェーン検証

Komodoで起動されるすべてのスマートチェーンは、Komodoの革新的なプラットフォーム同期機能を通じて、他のスマートチェーン上のデータ、トランザクション、ブロックを検証できます。

1つのキーと1つのアドレス

ユーザーはKomodoのテクノロジーで起動されたスマートチェーンにアクセスして資金を受け取るために、1つのプライベートキーまたはパスフレーズと1つのアドレスだけが必要です。相互運用性と自律性を同時に実現します。

プラットフォームの同期の詳細を知る

さらに詳しく知る

クロスチェーンアトミックスワップのフレームワーク

Komodoの業界をリードするアトミックスワップテクノロジーは、今日利用できる唯一の真のP2P形式のトレーディングです。これは他の取引方法よりもはるかに安全で便利です。

無制限のトレーディングペア

Komodoのアトミックスワップテクノロジーは、存在するすべてのコインとトークンの99%以上をサポートできます。 トレーディングペアは、市場が発生する2つの統合アセットの間に存在できます。

オープンAPI

Komodoのアトミックスワップフレームワークには、取引所またはウォレットプロバイダーが統合できるオープンAPIがあります。それによりKomodoの業界をリードするアトミックスワップテクノロジーの採用が簡単になります。

最高のセキュリティ

アトミックスワップを介してアセットを交換する場合、プライベートキーの制御を放棄する必要はなく、資金は常にウォレットに残ります。これにより取引がかつてないほど安全になります。

共有リクイディティプール

KomodoのアトミックDEXフレームワークに統合するすべてのサードパーティプロジェクトは、リクイディティプールを共有しています。これによりコラボレーションが促進され、誰もが導入の恩恵を受けることができます。

アトミックスワップの詳細を知る

さらに詳しく知る