プラットフォームの同期

Komodoのプラットフォーム同期により、エコシステム全体でクロスチェーン通信が可能になり、すべてのプロジェクトで最先端のスケーラビリティと相互運用性機能が可能になります。

クロスチェーンデータの公証

Komodoのプラットフォーム同期は、クロスチェーン公証の複雑なプロセスに依存しています。

Delayedプルーフオブワーク(dPoW)セキュリティメカニズムと同様に、これらのクロスチェーン公証はOP_RETURNコマンドを使用して実行されます。これによりトランザクションが行われたときにブロックチェーンの台帳に小さなデータ文字列を書き込むことができます。

この特別な機能を使用して、Komodoのノータリーノードネットワークは定期的に一連のクロスチェーン公証を行い、エコシステム内のすべてのスマートチェーンを同期します。

マークル・ルート利用する

マークルツリーはデータを構造化するよく知られた方法であり、非常に迅速かつ効率的に、大量の情報の正確性を検証できます。すべてのマークルツリーは、データ全体のデジタル指紋として機能する単一の英数字コードになります。

デジタル指紋はマークルルートとして知られています。

ビットコインプロトコルブロックチェーンの場合、ブロックのマークルルートは、そのブロックのすべてのトランザクションIDのマークルツリーから生成されます。マークルルートは、ブロックのすべてのトランザクションの指紋として機能します。

5ステップのプラットフォーム同期

ステップ1

Komodoのプラットフォーム同期プロセスの最初のステップは、スマートチェーン内の複数のブロックのマークルルートを取得し、それらをマークルツリーにまとめて、新しいマークルルートを作成することです。
MoM Created with Sketch.

ステップ2

次に、この同じプロセス-複数のブロックのマークルルートから単一のマークルルートを生成する-が、Komodoプラットフォーム上のすべてのスマートチェーンに対して繰り返されます。

ステップ3

次に、OP_RETURNコマンドを使用して、すべてのスマートチェーンからの唯一の指紋がKMD元帳に書き込まれます。

ステップ4

その時点で、Komodoエコシステム内のすべてのスマートチェーンのすべてのデジタル指紋は、さらに別のマークルツリーにコンパイルされます。結果のマークルルートは、マスター指紋として機能します。

ステップ5

最後に、マスター指紋データは、 Komodoエコシステムのすべてのスマートチェーンの元帳に戻って公証され、最先端の相互運用性とスケーラビリティ機能を実現します。

このプロセスは10分ごとに行われ、常にエコシステムの同期を維持します。

組み込みの相互運用性と完全な自律性

Komodoのテクノロジーで開始されたスマートチェーンは完全に自律的ですが、いくつかの組み込みの相互運用性機能が依然として備わっています。

クロスチェーン・コミュニケーション

すべてのスマートチェーンはオープンAPIを介して、トランザクション、ブロック、状態の変更などのオンチェーンデータに関する情報を送受信できます。

シングル・サインオン

ユーザーはKomodoエコシステム内のスマートチェーンからコインとトークンを送受信するために、1つのプライベートキーまたはパスフレーズと1つのアドレスのみが必要です。

シームレスなスワップ

スマートチェーンはKomodoの業界をリードするアトミックスワップテクノロジーにより、コイン、バリュー、およびデータをシームレスに交換できます。

スマートチェーンクラスターを使用したオンデマンドスケーリング

Komodoのプラットフォーム同期により、すべてのKomodoベースのプロジェクトにオンデマンドのライナースケーリングを提供する、スマートチェーンクラスターが有効になります。

オンデマンド・スケーリング

つのスマートチェーンで十分なスループットが得られない場合は、追加のスマートチェーンを加えて最初のチェーンにつなぎ、パフォーマンスを向上させることができます。

コンスタントなコイン供給

革新的な書き込みプロトコルは、コインの排出量を一定に保ちながら、クラスターにスマートチェーンを追加するたびにスループットを直線的に増加させます。

無限のスケーラビリティ

スマートチェーンクラスターに存在できるチェーンの数に制限はありません。 Komodoのすべてのプロジェクトは、制約なしで独立してスケールアウトできます。