Delayedプルーフオブワーク

Komodoのdelayed プルーフオブワーク(dPoW)セキュリティは、一連のクロスチェーン公証を通じてビットコインネットワークの巨大なハッシュレートをリサイクルする、二次的なコンセンサスメカニズムです。

セカンドレイヤー・コンセンサスメカニズム

Delayedプルーフオブワーク(dPoW)は、ブロックチェーンの主要なコンセンサスメカニズムとして機能しません。すべてのdPoWで保護されたブロックチェーンの分散ネットワークは、引き続き各トランザクションを検証します。

dPoWはブロックチェーンの通常のコンセンサスルールに加えて、非常に高いレベルのセキュリティを提供するセカンドレイヤーメカニズムです。PoWおよびPoSブロックチェーンの両方で使用できます。

クロスチェーン公証

dPoWセキュリティは、統合されたすべてのブロックチェーンをビットコインネットワークの力で保護します。一連のクロスチェーン公証により、ビットコインのハッシュレートの活用が可能になります。

これらのクロスチェーン公証は、 Komodoのノータリーノードネットワークによって実行されます。ノータリーノードは、Komodoエコシステムの公証トランザクションを実行する専用サーバーです。

7ステップのdPoWセキュリティ

dPoWプロセスはかなり簡単です。dPoWは非常に高いレベルのセキュリティを提供しますが、7つのステップで説明できる洗練されたシンプルなセキュリティソリューションです。

業界全体のセキュリティソリューション

分散型

コミュニティに選出された64のノータリーノードの、Komodoのグローバルに分散したネットワークは、dPoWが機能するために必要な技術的作業を実行します。dPoWで保護された各チェーンのネットワークは、公証を承認します。

実際のテスト済み

dPoWは現在、30を超えるプロダクションブロックチェーンを保護しており、数億ドルの価値を保護しています。 dPoWは実際の51%の攻撃試行に対する防御に成功しています。

アクセシブル

dPoWセキュリティはKomodoのテクノロジーで作成されたかどうかにかかわらず、すべてのUTXOベースのブロックチェーンで利用できます。年会費は提供されるセキュリティのレベルと比較してわずかです。