サービスとしてのブロックチェーンセキュリティ

ブロックチェーンセキュリティは、すべてのブロックチェーンプロジェクトの最優先事項です。Komodoのdelayed プルーフオブワーク(dPoW)を使用すると、ビットコインネットワークのハッシュレートの力でチェーンを保護できます。これはサービスとしてのブロックチェーンセキュリティです。

ほとんどのブロックチェーンは安全ではありません

ブロックチェーンには固有のセキュリティがなく、ほとんどのチェーンは攻撃を受けやすいままです。

絶え間ない脅威

脆弱なプロジェクトが攻撃されるのは時間の問題です。ブロックチェーンが安全でない場合、悪意のあるハッカーの標的になります。

12
2年間で51%の攻撃

壊滅的な結果

盗まれた資金は攻撃が引き起こす損害の始まりに過ぎません。メディアの否定的な報道とプロジェクトへの信頼の低下も避けられません。

2,300万ドル
51%の攻撃で盗まれた

完璧な犯罪

攻撃は安価で実行でき、非常に儲かります。Crypto51.appで51%の攻撃を受ける可能性があるブロックチェーンの数を確認してください。 .

190万ドル
51%の攻撃の平均損失

業界全体のブロックチェーンセキュリティソリューション

Komodoのセキュリティサービスは、業界全体に優れたブロックチェーンセキュリティを提供します。
任意のブロックチェーンプロジェクト
Komodoエコシステム外のブロックチェーンは、Komodoのセキュリティサービスも利用できます。
任意のハッシュアルゴリズム
コンセンサスメカニズムまたはハッシュアルゴリズムに関係なく、すべてのUTXOベースのブロックチェーンはふさわしいものです。

Komodoでブロックチェーンのセキュリティを処理する

したがって、あなたは成長に集中できます。

51%の攻撃に対する保護

A51%の攻撃は、最も一般的に使用される攻撃ベクトルです。Komodoのセキュリティサービスは、潜在的な窃盗犯がブロックチェーンを標的とするのを阻止するための追加のセキュリティレイヤーを提供します。

プロジェクトの評判を維持する

攻撃が成功すると、ブロックチェーンへの信頼が失われます。Komodoのブロックチェーンセキュリティサービスを採用して、プロジェクトの整合性を維持します。

進捗を維持する

中央集権型取引所は安全でないブロックチェーンをリストから外すことを選択できます。 Komodoのセキュリティソリューションを使用して、進捗を保護し、リストに残します。

あなたのパッションに焦点を当てる

セキュリティを外部委託することで、あなたが最も情熱を注いでいることに集中できるようになり、ブロックチェーンプロジェクトを成功に導きます。

Komodoのブロックチェーンセキュリティ・アライアンス

6つの外部サードパーティブロックチェーンプロジェクトがすでにKomodoのブロックチェーンセキュリティサービスを採用しています。

* KREDSとSUQAはKomodoのセキュリティアライアンスに参加していますが、今も統合プロセスを行っているため、dPoWによってまだ保護されていません。

実績のあるブロックチェーンセキュリティソリューション

これらはKomodoのブロックチェーンセキュリティサービスを使用しているプロジェクトのいくつかが述べたことです。
「私たちはこのKomodoの統合に非常に興奮しています。これは現在他のPOWコインがほとんど持っていない追加のセキュリティレイヤーを提供するためです。新しいKomodo公証機能は、このような攻撃の影響を大幅に軽減します。 Komodo公証人はGameCreditsクライアントを実行し、ネットワークを24時間365日監視しています。」

GAME Credits

GAME CREDITS 財団
「 Einsteiniumのネットワークは51%の攻撃を受けました。 最近コードに実装したKomodo dPoWは、撥ねつけてチェーンを保護しました。このソリューションがうまく機能し、Einsteiniumチェーンが将来の攻撃から保護されることを非常に嬉しく思います。」

Einsteinium

EINSTEINIUM 財団

Komodoのブロックチェーンセキュリティサービスの仕組み

Komodoのブロックチェーンセキュリティサービスは、革新的なdelayed プルーフオブワーク(dPoW)セキュリティメカニズムによって強化されています。以下は、dPoWプロセスが統合されたブロックチェーンを、ビットコインネットワークの力で保護する方法です。
01
保護されたすべてのブロックチェーンからのブロックハッシュは、OP_RETURNコマンドを使用してKMDチェーンに保存され、以前のすべてのトランザクションにセキュリティレイヤーが追加されます。
02
10分ごとにKMDチェーンからのブロックハッシュがBTC元帳に書き込まれ、ビットコインレベルのセキュリティが、最後に公証されたブロックの前に発生したすべてのトランザクションに拡張されます。
03
このプロセスは10分ごとに行われ、すべての統合チェーンをビットコインネットワークの力で継続的に保護します。 ほんのわずかなコストでビットコインレベルのセキュリティを実現します。

今すぐあなたのブロックチェーンを安全に

Komodoのブロックチェーンセキュリティサービスは、革新的なdelayedプルーフオブワーク(dPoW)セキュリティメカニズムによって強化されています。以下はdPoWプロセスが統合されたブロックチェーンをビットコインネットワークの力で保護する方法です。

Komodoブロックチェーンのセキュリティ

保護されたすべてのブロックチェーンからのブロックハッシュは、OP_RETURNコマンドを使用してKMDチェーンに保存され、以前のすべてのトランザクションにセキュリティレイヤーが追加されます。

外部ブロックチェーンのセキュリティ

Komodoエコシステム外のUTXOベースのブロックチェーンのBTCレベルのセキュリティを取得します。 価格と統合時間の見積もりについては、サービスプロバイダーにお問い合わせください。

Delayedプルーフオブワーク(DPoW)のよくある質問

DPoWのコストはいくらですか?

dPoWセキュリティのコストを正確に把握することは困難です。 質問にアプローチする方法はいくつかあります。

たとえば、300,000ドルを超える電気料金がビットコインマイニングに投棄されるとします。dPoWはBTCレベルのセキュリティを提供するため、これはdPoWの「価値」を決定する合理的な出発点となる可能性があります。

dPoWのコストについて考えるもう1つの方法は、dPoWが機能するためにKomodoが自腹を切って払う金額を考慮することです。KomodoはdPoWの実行を維持するために、年間約180 BTCをビットコイン取引手数料に費やしています。これらの取引手数料は、2016年11月にコモドのICOで引き上げられた2,639 BTCから引き出されます。したがって、dPoWのコストの合理的な見積もりは、1日あたり.493 BTCです。

しかしこの見積もりでさえ、Komodoのすべての費用を考慮していません。 Komodoの64のノータリー Nodeは、公証取引が定期的に行われるように24時間体制で稼働しています。これには、64台のサーバーすべてを実行するためのハードウェアと電気のコストに加えて、公証人ノードオペレーターの時間とスキルなど、実際のコストがかかります。さらに、Komodoの主任開発者James 'jl777'は、始めからdPoWの開発に数え切れないほどの時間を費やしており—確かにそれには価値があります!

おそらく関連する問題はこれです:サードパーティのプロジェクトがdPoWを採用するのにどれくらいの費用がかかりますか?

ブロックチェーン技術の大量採用を促進し、ブロックチェーンスペースをより安全にするために、KomodoはdPoWの実際のコストのごく一部をサードパーティのプロジェクトに請求します。すべてのプロジェクトに参加を歓迎しています。

dPoWを採用するコストは、プロトコル、コンセンサスルール、dPoWを採用しようとしているブロックチェーンのハッシュアルゴリズムなど、いくつかの要因に応じて変動します。Komodoのテクノロジーを使用して開始されたブロックチェーンは、外部のサードパーティのブロックチェーンプロジェクトよりも大幅に低料金です。相談や価格の見積もりについては、marketing @ komodoplatform.comにお問い合わせください。

ノータリーノードはマスターノードと同じものですか?

いいえ、少しも。 技術的に言えば、ノータリーノードとマスターノードは類似点がありません。

通常マスターノードには、ライトニングの支払いやプライバシー機能を提供する機能など、特別な権限があります。プルーフオブワーク(PoW)とプルーフオブステーク(PoS)ブロックチェーンネットワークの両方にマスターノードを設定できます。

プロジェクトのネットワークでマスターノードを実行するには、そのプロジェクトの通貨に多額の投資をする必要があります。この資金とサービスへの投資に対して、マスターノードオペレーターには、一定の割合のブロック報酬が与えられます。

一方、ノータリーノードは公証取引を実行する専用サーバーです。ノータリーノードオペレーターになるためにKMDを保持する必要はありません。Komodoの毎年のノータリーノード選挙で選出されると、誰でもノータリーノードのオペレーターになれます。

ノータリーノードネットワークの公証トランザクションのほとんどは、Komodoブロックチェーン自体で発生し、dPoWで保護されたすべてのブロックチェーンから重要なブロックチェーンデータをKMD元帳に書き込みます。その後およそ10分ごとに、ノータリーノードはビットコインブロックチェーンで1つの公証トランザクションも実行し、すべてのdPoWチェーンにBTCレベルのセキュリティを提供します。

公証取引に参加する以外に、ノータリーノードには特別な権限はありません。トランザクションまたはブロックを承認または拒否する権限はありません。ブロックチェーンのネットワークによって検証されるブロックを決定する権限はありません。 通常のコンセンサスルールはすべて適用されます。ノータリーノードはネットワークが公証されるべきコンセンサスに達した後、クロスチェーン公証を単に実行します。

各ノータリーノードには、約100ブロックごとに簡単な難易度で1つのブロックをマイニングする機会が与えられます。KMDブロックチェーンには1分間のブロック時間と3 KMDブロックの報酬があるため、これはノータリーノード一人あたり月約1500 KMDになります。これにより、才能のあるシステム管理者がKomodoエコシステムでノータリーノードオペレーターとして行動するようになります。

DPoWは許可されていますか?

dPoWは完全にオープンソースの技術であるため、許可されていません。誰でも独自のノータリーノードネットワークをセットアップし、dPoWをブロックチェーンに統合することで、dPoWを採用できます。

Komodoのノータリーノードネットワークの使用は許可されています。ネットワークと統合したいブロックチェーンはKomodo開発チームと緊密に連携する必要があるという意味です。Komodoのノータリーノードネットワークは、新しいブロックチェーンの公証を開始するためにアップデートを行う必要があります。

dPoWは、 KomodoチームがdPoWを使用できる人と使用できない人を決定するという意味で許可されていません。誰でもdPoWを採用でき、KomodoチームはdPoW向けのKomodoノータリーノード使用を開始したいブロックチェーンプロジェクトからのリクエストを拒否したことはありません。

ある意味では、すべてのブロックチェーンが許可されていることを覚えておくことが重要です。たとえば、ブロックチェーンのソースコードへの変更を承認できるのはコア開発者のみです。誰でもブロックチェーンのソースコードを変更できるようにすると、重大なセキュリティ上の脆弱性が発生します。同じことがdPoWにも当てはまります。KomodoDev チームの監督なしに、ブロックチェーンをノータリーノードネットワークに統合できるようにすると、セキュリティリスクが発生します。そのため、Komodoのノータリーノードを使用するプロジェクトは、Komodo開発チームと緊密に連携する必要があります。

Komodoのノータリーノードネットワークを使用することは、dPoWを採用するための必要条件ではないことを再度強調することが重要です。ノータリーノードネットワークの設定は費用と時間がかかりますが、Komodoの許可されたノータリーノードの使用を懸念する人が利用できるオプションです。

DPoWは集権化されていますか?

いいえ、dPoWは集権化されていません。 実際これは完全に分散化されたプロセスです。

まず、dPoWは通常のコンセンサスメカニズムではないことに注意することが重要です。dPoWは、ブロックチェーンの通常のコンセンサスルールに加えて存在するセカンダリセキュリティメカニズムです。たとえば、プルーフオブステーク(PoS)チェーンがdPoWを採用している場合、そのブロックチェーンの分散ネットワークは、ステーキングルールに従ってどのトランザクションとブロックが有効であるかを引き続き決定します。次に、ネットワークがすでに合意に達し、どのブロックが有効であるかを判断した後、ネットワークは2回目の合意に至り、dPoWを介して公証されるブロックを決定します。

それをもう少し明確にしましょう:dPoWで保護されたブロックチェーンのネットワーク内の各ノードは、公証が行われる前に、どのブロックがKMDブロックチェーンに公証されるかについて合意する必要があります。したがって、これは分散型コンセンサスプロセスです。

第二に、公証プロセスが64のコミュニティに選出されたノータリーノードのグローバルネットワークに分散されているため、dPoWは分散化されています。公証プロセスは完全に分散化されていませんが、公証を混乱させるとBTCレベルのセキュリティが妨げられることに注意することが重要です。悪意のある、または共謀しているノータリーノードといった最悪の場合でも、各ブロックチェーンの元のコンセンサスルールが引き続き適用されます。

公証トランザクションは、64のうち13のマルチシグトランザクションであり、Komodoのノータリーノードが64の潜在的な署名者として機能します。繰り返しますが、ノータリーノードは、どのブロックが公証されるかについてネットワークが合意に達すると、公証トランザクションにのみ参加します。ブロックが公証された後、ネットワークはそのブロックを置き換えようとする再編成を受け入れません。 公証されたブロックは完全に不変になります。

DPoWはDPoSと同じもしくは似ていますか?

いいえ、dPoWとdPoSは完全に異なります。頭字語の最初の3文字を除き、共通点はあまりありません。

Delegated プルーフオブステーク(dPoS)は、投票および選挙プロセスを使用してセキュリティを提供するプルーフオブステーク(PoS)コンセンサスルールの特定の実装です。要するに、dPoSコインのすべてのホルダーは、ブロックを作成および検証する力を委任したい「証人」または「代理人」に投票します。すべてのdPoSの証人は、その特定のブロックチェーンの通貨に多額の投資をしているため、ブロックを正直に動作させ、検証することは彼ら自身の利益であると想定されています。

Delayedプルーフオブワーク(dPoW)は、ブロックチェーンの通常のコンセンサスルールに加えて機能するセカンドレイヤーのセキュリティメカニズムです。dPoWは、一連のクロスチェーン公証を通じてビットコインレベルのセキュリティを提供します。これらの公証は、Komodoのノータリーノードネットワークによって実行されます。

dPoSシステムの証人または代理人とは異なり、ノータリーノードはトランザクションまたはブロックを作成、検証、拒否、または変更する機能を持ちません。

ノータリーノードの運営者は、年ごとに stake-weighted選挙で選ばれますが、dPoW自体の機能に関与する投票または選挙手順はありません。 代わりにdPoWは、ネットワーク全体のコンセンサスに基づいて、どのブロックを公証するかを決定します。その後、ノータリーノードネットワークは、与えられた公証命令に従うだけです。

続けて読む

checkheartstarconstructionbug